胃潰瘍入院治療体験記

胃潰瘍の体験
胃潰瘍の最初の症状
緊急で総合病院へ
入院する事になる
胃カメラと
腹部エコーの検査
2回目の胃カメラ検査
初めての食事と
退院
3度目の胃カメラ検査
ピロリ菌の除菌
苦しいピロリ菌の除菌
挫けそうになりながらの
ピロリ菌の除菌
呼気検査で
ピロリ菌を調べる
その後の治療経過
1年間の治療
また胃が痛くなる
繰り返す失敗
元の健康な胃に戻らない
いつも処方されている胃の薬
胃の症状が悪化したときに処方してもらう薬
胃潰瘍のについて
胃潰瘍について
胃潰瘍の出来る仕組み
胃潰瘍の原因
ストレスと胃潰瘍
タバコと胃潰瘍
自宅で出来るピロリ菌検査
自宅で出来るガン検診
鼻からの胃カメラ
呼気検査でピロリ菌を調べる
胃を生活習慣で治した方の方法です
ピロリ菌の薬を飲みきった後日、

ピロリ菌が除菌できたかどうか

調べる検査を受けました。

検査は呼気検査で、物凄く簡単です。

飲酒運転を調べるような呼気検査でピロリ菌がいるのかどうか

調べることが出来るのです。

胃ガン検査とピロリ菌検査が自宅検査が出来ます


呼気検査は検査の前4時間は食事をしてはいけません。

朝の検査だったので、朝食抜きで病院へ行って検査を受けました。


検査の前には薬を飲まされます。

薬を飲むと次はベットに横になります。

ベットに横になって数分後、呼気検査になります。


紙袋のような風船を2つ息で膨らませます。

この紙袋の中の息を調べればピロリ菌が

まだいるのか、それとも死滅したのかを調べることが

出来るらしいのです。検査結果は当日は分からないので

後日検査結果を聞きに病院へ行きました。


呼気検査の結果を聞きに2日後病院へ行きました。

結果はピロリ菌はいませんでした。

1週間の除菌薬の服用でピロリ菌の除菌が出来たのです。


これはけっこう嬉しかった!

何故かって言うと、少数ですが

中には除菌が出来ない人がいるらしいので

少しは私も心配していました。

だってね、1週間気分が悪い状態で過ごして、その結果が

ピロリ菌を除菌できなかったら、ショックでしょ?


除菌が成功したので苦しい1週間も報われますが、

除菌が失敗していたら、

何のために1週間気分が悪い状態を

我慢していたのか分からなくなってしまう。


でもピロリ菌が除菌できたので、良かった良かった!

ちなみにピロリ菌の除菌が失敗に終わる人には共通点が

あります。煙草を吸う人はピロリ菌の除菌が失敗する人が

多いいらしい。病院で先生から聞いた話です。

私は煙草は吸わないので上手く除菌が出来たのだと思います。

胃潰瘍入院治療体験記