胃潰瘍入院治療体験記

胃潰瘍の体験
胃潰瘍の最初の症状
緊急で総合病院へ
入院する事になる
胃カメラと
腹部エコーの検査
2回目の胃カメラ検査
初めての食事と
退院
3度目の胃カメラ検査
ピロリ菌の除菌
苦しいピロリ菌の除菌
挫けそうになりながらの
ピロリ菌の除菌
呼気検査で
ピロリ菌を調べる
その後の治療経過
1年間の治療
また胃が痛くなる
繰り返す失敗
元の健康な胃に戻らない
いつも処方されている胃の薬
胃の症状が悪化したときに処方してもらう薬
胃潰瘍のについて
胃潰瘍について
胃潰瘍の出来る仕組み
胃潰瘍の原因
ストレスと胃潰瘍
タバコと胃潰瘍
自宅で出来るピロリ菌検査
自宅で出来るガン検診
鼻からの胃カメラ
1年間の治療
胃を生活習慣で治した方の方法です
呼気検査をした後も薬による治療を続けていました。

胃潰瘍の発生から6ヶ月経った頃に4度目の胃カメラ

検査がありました。

薬を続けて6ヶ月経ったので治り具合を確認するための

検査です。

胃カメラ検査は何度しても苦手です。

上手くカメラが飲み込めず、嚥下作用が激しくて

毎度オエーってなります。

今回も嚥下作用がきつくて

苦しみながらの胃カメラになりました。
胃ガン検査とピロリ菌検査が自宅検査が出来ます

検査中に先生の独り言が良く聞こえました。

胃が変形してるな〜って先生が呟きます。


検査を終えて、先生が話してくれたことは、

胃潰瘍はきれいに治っているけど、

潰瘍の後が引きつるようになっていて、その部分が

変形しているらしい・・・。


変形していても胃には問題が無いので

心配しなくても良いようです。


でも胃が変形しているのか?

嫌だけど、この変形した胃は元に戻らないから

仕方がないな〜。

胃潰瘍が治っただけでも良かったし・・・。


これ以降はまた6ヶ月間薬の治療を続けました。

胃の調子はやはり食後胃もたれを起こすことがありますが、

これは胃が変形しているせいもあり、仕方が無いことかな?


薬の治療を続けて結局1年薬を飲み続けました。

昨年胃潰瘍で入院した日が過ぎた頃に

今度は5回目の胃カメラの検査を受けました。


この検査が最後の検査らしい。

5回目の胃カメラ検査では胃潰瘍が完全に治っている

事が確認されました。多少小さな胃炎があるのですが、

この程度は普通の人にある程度の胃炎らしい。


この検査で胃潰瘍の完治を告げられました。

薬はもう飲まなくていいそうです。

結局胃潰瘍の発生から1年と少しの間胃潰瘍の薬を飲み続けて

やっとお医者さんから治りましたと言われホッとしました。


胃は一度壊してしまうと長いですよ〜。

私は経験して身をもって感じました。

胃潰瘍入院治療体験記