胃潰瘍入院治療体験記

胃潰瘍の体験
胃潰瘍の最初の症状
緊急で総合病院へ
入院する事になる
胃カメラと
腹部エコーの検査
2回目の胃カメラ検査
初めての食事と
退院
3度目の胃カメラ検査
ピロリ菌の除菌
苦しいピロリ菌の除菌
挫けそうになりながらの
ピロリ菌の除菌
呼気検査で
ピロリ菌を調べる
その後の治療経過
1年間の治療
また胃が痛くなる
繰り返す失敗
元の健康な胃に戻らない
いつも処方されている胃の薬
胃の症状が悪化したときに処方してもらう薬
胃潰瘍のについて
胃潰瘍について
胃潰瘍の出来る仕組み
胃潰瘍の原因
ストレスと胃潰瘍
タバコと胃潰瘍
自宅で出来るピロリ菌検査
自宅で出来るガン検診
鼻からの胃カメラ
3度目の胃カメラ検査
逆流性食道炎、慢性・急性胃炎、胃潰瘍を改善する方法です。
退院後は薬での治療が続きました。

胃潰瘍はすぐには治らない病気なので

長期間薬を飲まなければいけないのです。


薬を貰って無くなれば病院へ貰いに行く事を退院後

1ヵ月半ほどした時に3回目の胃カメラ検査がありました。

胃ガン検査とピロリ菌検査が自宅検査が出来ます

胃の治り具合を見ることと、ピロリ菌の検査です。

前回で擬陽性だったので今回で陽性と出るかな?

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の両方があるくらいだから

ピロリ菌がいる可能性がかなり高いのですが、

強い胃潰瘍の薬を使っているので、

ピロリ菌の反応が出にくいらしい。


早速胃カメラの前の喉の麻酔薬を口に含みます。

前回麻酔の効き目が悪かったので今回はしっかり

麻酔が効くように最後は薬を飲み込みました。

口の痺れや喉の痺れが前回以上にあるように感じます。


麻酔が効いた口から先生がカメラを入れます。

慣れもあるせいか前回ほど苦しくなく胃カメラ検査を

受けることができました。


胃の状態は良くなってはいるが、まだ完全には治ってないらしい。

それとピロリ菌は前回同様擬陽性。


胃潰瘍の薬が効いている間は何度検査しても擬陽性としか

出てこないのかな?


結局擬陽性としか出てこなかったのですが、

これは強い薬の為のせいで擬陽性になっているだけで、

確かに胃の中にピロリ菌がいて悪さをしているらしい。

そういう事で、今度はピロリ菌の除去をすることが決定しました。

胃潰瘍入院治療体験記