胃潰瘍の原因

胃潰瘍入院治療体験記
胃潰瘍の体験
胃潰瘍の最初の症状
緊急で総合病院へ
入院する事になる
胃カメラと
腹部エコーの検査
2回目の胃カメラ検査
初めての食事と
退院
3度目の胃カメラ検査
ピロリ菌の除菌
苦しいピロリ菌の除菌
挫けそうになりながらの
ピロリ菌の除菌
呼気検査で
ピロリ菌を調べる
その後の治療経過
1年間の治療
また胃が痛くなる
繰り返す失敗
元の健康な胃に戻らない
いつも処方されている胃の薬
胃の症状が悪化したときに処方してもらう薬
胃潰瘍のについて
胃潰瘍について
胃潰瘍の出来る仕組み
胃潰瘍の原因
ストレスと胃潰瘍
タバコと胃潰瘍
自宅で出来るピロリ菌検査
自宅で出来るガン検診
鼻からの胃カメラ
胃潰瘍の原因
胃を生活習慣で治した方の方法です
胃潰瘍は胃液が胃を自己消化して傷つけてしまう病気です。

胃液は本来、胃に入った食べ物を溶かす働きがありますが、

余分に分泌された胃液は胃の粘膜を攻撃する攻撃因子にもなります。

胃液が増える原因としては、ストレスや食事が上げられます。

ストレスは自律神経のひとつの迷走神経を刺激して

胃液の分泌を促します。

ストレスによって沢山分泌された胃液は胃の粘膜を攻撃する

攻撃因子となり、胃の粘膜を溶かし胃を傷つけるのです。

胃ガン検査とピロリ菌検査が自宅検査が出来ます


食べ物によっても、胃に悪い食べ物もあります。

消化の良いと言われる食べ物は、胃液が少なくても

胃の中で簡単に分解して消化できますが、

消化の悪い食べ物、例えば油、肉などは

胃の中でなかなか分解できず長時間胃の中に留まっています。

油などを胃で消化するには沢山の胃液が必要になり、

油分や肉類を食べると胃の中は沢山の胃液で満たされる事になります。

暴飲や暴食でも胃液の分泌は多くなります。



ストレスでも胃液の分泌も増えるし、

食事によっても胃液の分泌が増えるのです。

普段より沢山分泌された余分な胃液が

胃の粘膜を攻撃する攻撃因子となり、胃の粘膜を攻撃して

胃の粘膜は傷つき胃潰瘍になってしまうのです。


台北と台湾の見所は台湾観光でご覧下さい。



胃潰瘍入院治療体験記