胃潰瘍について

胃潰瘍入院治療体験記
胃潰瘍の体験
胃潰瘍の最初の症状
緊急で総合病院へ
入院する事になる
胃カメラと
腹部エコーの検査
2回目の胃カメラ検査
初めての食事と
退院
3度目の胃カメラ検査
ピロリ菌の除菌
苦しいピロリ菌の除菌
挫けそうになりながらの
ピロリ菌の除菌
呼気検査で
ピロリ菌を調べる
その後の治療経過
1年間の治療
また胃が痛くなる
繰り返す失敗
元の健康な胃に戻らない
いつも処方されている胃の薬
胃の症状が悪化したときに処方してもらう薬
胃潰瘍のについて
胃潰瘍について
胃潰瘍の出来る仕組み
胃潰瘍の原因
ストレスと胃潰瘍
タバコと胃潰瘍
自宅で出来るピロリ菌検査
自宅で出来るガン検診
鼻からの胃カメラ
胃潰瘍について
胃を生活習慣で治した方の方法です

胃潰瘍の潰瘍とは体の一部が崩れたりただれる事を言います。

胃潰瘍は胃がただれたりしている状態のことを言います。

どうして胃の中がただれる状態になるのかと言いますと、

胃は食事の食べ物を溶かして腸に送る役割があります。
胃ガン検査とピロリ菌検査が自宅検査が出来ます
胃潰瘍のについて


胃の中で食べ物を溶かすためには、胃の中で

胃酸を分泌させ、その胃酸の力で食べたものを溶かして、

溶けた食べ物を腸に送る仕事が胃の仕事です。

胃潰瘍の胃のただれは、この胃の分泌する

胃液により胃の表面が溶かされて傷つけられた状態になり

胃に痛みを感じるようになります。

胃潰瘍の痛み
胃潰瘍はその溶かされた胃の粘膜組織の欠損により

大きく4段階に分けられます。

  T度  胃の粘膜のみが溶かされただれた状態。

  U度  胃の粘膜下層まで到達した浅い潰瘍

  V度  筋層まで達した潰瘍。

  W度  潰瘍の炎症がしょう膜まで達したもの。


TからWへと数字が大きくなるほど潰瘍の状態が

悪い事を表しています。




胃潰瘍入院治療体験記